Traveler Guitar(トラベラーギター)にナイロン弦を張っているけど、理想の弦セットがなかなか見つからない話



アコギにナイロン弦を張る

私のトラベラーギターはアコースティックギターです。
ネックが細いギターがよかったから、アコースティックギターを選びました。

ただガットギターの音が好きで、用途としてはボサノバ系を弾くときにも
使えるようにナイロン弦を張ることにしました。

そこで困ったのが弦選び。
アコースティック用のギターなのでボールエンドのナイロン弦を探して
ダダリオのEJ33を張りました。

でも4-6弦がブロンズ(だったかな)の巻弦っていうところに関して、
特にアンプを通すとノイズがひどいのもあり、音も手触り感も気に入りませんでした。
音的にもノイズ軽減のためにも、ダイレクトなナイロン弦で指の滑りがいいものが
欲しいなぁと思っていました。

ここから理想のナイロン弦を探す旅が始まります。

理想のナイロン弦セットを求めて

【目指す弦のラインナップ】はフルナイロン弦&ボールエンド。
(言い方あってるのか?違ってたらすみません・・・)

サウンド的にどうなのか、、、特に低音弦は巻弦の方じゃないと太くインパクトのある音が
出ないとか、高音弦はプレーンのスチール弦じゃないと音が細いとか・・・

そういうことがあると思いますが、いったんとりあえず理想を目指したい。
私はあんまりはっきりしない、やさしい、悪く言えばぼやけている音が好き。

ということで探しまくった弦たちがこちら。

あれ・・・ほとんどラベラですね。
これ、それぞれの弦の素材を細かく見ないと自分が思っていた弦ではない
みたいなことが起こってしまうの大変です。

でここで気づいたのが、私の理想の弦のセットは存在しなさそうということ。
もっと早く気付けよ・・・って感じですが。
さらにそもそもボールエンドのナイロン弦はそんなにない。

欲しいものがないなら作ったらええやん!

ということで、好きな弦を組み合わせるっきゃない!!
そう悟って、結局買ったのは以下。

 

こちらは1−3弦がゴールドナイロン、いわゆる黄色い透明な弦です。
4−6弦はブロンズの巻弦です。なので使用するのは1−3弦のみ。
あと、ボールエンドではないのがたまにきず。

ダダリオEJ33使用時に使っていたボールエンドだけを大切に(笑)
保管しておいて、転用しました。
これで1−3弦がゴールドナイロン弦になりました。

 

そして問題の4−6弦。買ったのはこちら。

 

ある日突然弦が吹っ飛んだ・・・

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です